applause

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< アグラー | main | リシュケシュ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
バラナシ

インドの列車はアナウンスとかないので降りるときは自分で気を付けます。夜行なので起きれるか不安だったけど、昨日「どこまで行くんだ?」「バラナシですー。」という会話をしていたのでみんなが教えてくれた。わーい!
列車はなかなか寝られました◎コンセントもあるしトイレも割とキレイ、さすが2A。



朝食。現金は持ってないけどカードあるので後のことを考えてカード使えるところで朝食。ホテルバイキング、リッチ!


バラナシは大混雑だった。駅周辺は5歩あるけばリクシャーに捕まるくらいみなさん仕事熱心でしたがうちらは疲れるまで歩くよ!節約!
しかし北も南も分からないので道行く人に聞いてみた。すると優しく教えてくれる人もいれば足早に無視する人もいて、まぁどこの国も一緒だねー。しかしインドはこれに加えて嘘つく人がいるので注意!


歩いてると日本語で話しかけてくる人もけっこーいます。大抵は営業トークとか、知ってる日本語言ってみた系だけど、英語ができない私的には日本語貴重!なのでいろんな人と話ながらガンジス川に行きましたー
「ワタシ日本語勉強してマース!」
と言ってきた青年は純粋に話がしたかったみたいで最終的にリクシャーの値段交渉までしてくれて
「オ金イラナイヨー(`・ω・´)dグッ」
とか言ってくれたけど断ってしまった。わたし日本人な性格なもので。てかインド人にボられることはあってもまさかおごってくれるとはw




リクシャー降りると「日本人デスカー?ドコカラ来たノー?」と話しかけられた。
「ホテル有ル?ワタシいいホテル知ッテマス!」
「…はぁ。(これはガイドブックにのってた騙されるパターンのやつに酷似している…w)」
しかし宿も決めてないし進む方向も一緒なので付いていってみる。
「コッチ近道デース!」
「って、めちゃ裏道なんですけど!不安すぎるwww」
「大丈夫デース!ワタシ悪い人間じゃナイヨ!」
「ははw(…たぶん本当に良い人はそんな風に自分をフォローしないw)」
「ココの近ク良いホテルデス!ワタシオーナー呼んで来マス!」

オーナー「どうもー!(オーナーは日本語めちゃ出来る)」
「わたしのホテル、ファンキーモンキーベイビーズが来たことありマース!」
「ぶっwwwまじすかwwwあ、あやしすぎるwwwww」
しかし宿代2泊2人で560Rsと悪くないし、部屋もキレイで屋上からガンガーが一望できる素敵なホテルだったので泊まることにした。

屋上からの眺め。

ホテルのフロントにはファンモンの後ろの人と彼女と思われる子とオーナーが写ってる写真があった。よく見ると地球の歩き方にのってるラクシュミホテルでした。疑ってごめんなたい!

しかもオーナーが周辺を案内してくれたりして楽しく観光できました!
ガンジス川で沐浴してる牛がいて「一緒に泳いだら?w」っていわれた。「泳げるかな?」って言ったら病気になるよって。バラナシの沐浴はどうやら現地の人でも入らない人がたくさんいるらしい。入る人もいるけど。オーナーは「絶対はいらないよ!病気になる!」と言っていた。

雨季なので少し川が氾濫気味。流れも速いです!


あと動物大好きーな私は思わず犬に「わんっわんっ(*^^*)」って言ったら「狂犬病で死ぬぞww」って言われた…。道はけっこう狭くて迷路みたいでした、案内してくれて良かった!

サイババが祭ってある?説明忘れちゃった。

南インドの寺院(私は北インドにいる)


お腹へったからケナリでご飯食べた。メニューは相変わらず英語なので私はまたターリー(たしか100Rs)を頼んだ。ターリーは楽チンだなぁ。

「これ辛い?」て聞いたら
「HAHAー!全然辛くないよーっっ!」って言っていたのにめちゃ辛かった。てきとー言うな!ノリだけでは食べれないものもあるんだ!辛い…うまいけどそれどころじゃない…。
辛いときのヨーグルトと生野菜は和らぎますー◎水は余計に舌がピリピリするからダメかも!
気合いで完食。わたしは普段なーんも頑張ってないけどこういう自分追い詰める系に耐えるのは出来る子なんです。どM。

帰りに紅茶屋さんに寄った。葉っぱのいいにおいー。「お腹いっぱい!」って言ったら「何ヵ月?」て言われた。これ世界共通か!w

いろんな種類の紅茶がありました!



朝は素敵な屋上があるので朝日を見ましたー



ホテルのお掃除少年が屋上で寝てたw

起きてフロントに行くと白人の人がクッキーくれた、甘いーー!そして少年がチャイくれた、良い朝だなー◎
他の人がアイスクリームみたいの食べてて
「これも食べる?」ってくれた。
「アイスですか?」って聞いたら
「No!スパイシーな食べ物だよ。」
「え、これ甘くないの?」
食べたらピリッとして、うーん。あんまりおいしくなかったかも!葉っぱにライスと辛いソースがのってる食物でした。

この日は日本料理食べた。インド人と結婚した日本人女性がやっているメグカフェへ。なすの煮浸し、酢の物、太巻き、お味噌汁!太巻きにはかき揚げが巻いてあってサクッサクでした、たまらん!


あとインドでやろうと思ってた、日本にはがきを出す!わくわく!ポストは不安だから郵便局で。どうやら1週間くらいで日本に届いたみたいですー◎
オーナーが付いてきてくれたからスムーズに送れた◎てかオーナーがほんと心配性(なのか私がフラフラしすぎなのか)で1人で外に行こうとすると「どこ行くんだ!」「友人は一緒じゃないのか?お前は騙されそうだから心配だよ、なんか子供っぽいし。」とか言ってめちゃ案内してくれたから助かったけど探険できなかった…。
その後、友人と外出。「いいか?お前は誰にでも話しかけるんじゃない!全員無視しろ!」と念を押されたのでちょっと真面目モードで歩きました。
途中、「コンニチハー!僕ノ店来るとイイヨ!」攻撃に合ったあげく「無視カヨ!サイテーダナ!」と言われてしまった、ですよね。と思った。今、真面目verなんでごめんなさい。
客引きのなかには「オネエさーん!ナンパしてイイデスカー?」とか、うちらが会話してると「ソウナンダ!ワカリマスよー!」って無理やり会話に相づちうってくる人とかいて笑えた。いろいろ考えてるんだね笑
そんな人たちに群がられていると偶然オーナーが登場して目的地まで連れてってくれた。まるでヒーローのようでした!

そんなこんなでご飯屋さんに到着。屋外の素敵なところでした。

入り口。

良い雰囲気です。
お店の名前は忘れたので調べたら書きますー!
ここでコロンビア人と知り合った。彼の友人はゲリで死んでいるらしい。ゲリ怖い!
そんなわけで3人でプジャー(お祈り)を見にガンジス川へ。
着くとすっごい人でなにも見えなかった。人の頭しか見えん…。そしたらコロンビア人が「なんかコッチの方が見える気がする!メイビー!」って行ってみたらベストポジションでした!この人ほんと気が利く人で見やすそうな所が空いたら誘導してくれるし、変な人からボディーガードしてくれるし助かりました◎プジャーはお祈りっていっても太鼓叩いたりめちゃ騒がしいです。祭りってかんじ。夕方にお葬式見たけどテンション高くて「天国行ってこいやぁ↑↑」って感じでした。でも最後は黙祷?したりナムアミダブツ的なかけ声しててシめるとこはシめてた。プジャーは日本の暗さとギャップありすぎてびっくりだった!

コロンビアの人。素敵!


プジャー、オレンジの人が僧侶?ですたぶん。



| 旅行 | 06:37 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 06:37 | - | -
コメント
コメントする









PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS