applause

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< バラナシ | main | とりあえずデリーに… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
リシュケシュ
次の日の早朝、ヨガの聖地リシュケシュにむけて出発ー!
バラナシーリシュケシュはなかなかハードで着いたのは次の日の朝です、1日電車乗ってましたー

途中でお腹をすかしてたら隣のカップルが菓子パンをくれました^^
カレーの煮物みたいのもくれました^^
マンゴージュースもくれました^^
睡眠薬と下剤は入っていませんでした^^w
うまかったーごちそうさまでした!!


リシュケシュには早朝についたのでガンジス川が割増で清々しー! でっかい橋も渡ったよーおさるさーん!




ホテルまでは山の?小道を朝の散歩しましたー!
すれ違う人(牛)にはあいさつ、基本ですね。



そして川の見えるカフェでモーニング!


パンが水分不足?でかたい!けどこんなもんかーもぐもぐ
そして、ノンシュガーラッシーを…すっぱさと何ともいえない飲みにくさ…飲めない… ラッシーに限らず基本ノンシュガーはやめといた方が無難かもです…日本もいろいろノンシュガーあるけど飲みやすくしてあるのかなーノンシュガー度がガチなのですごく微妙でした!


 


そして散策かわいい服屋さんとか音楽教室、マッサージやさんとかあって、のんびりヨガのしながら過ごすには良いところかなー観光したいならちょっと飽きちゃうかもだけど!リシュケシュのガンジス川はすごく清んでて冷たくて気持ち良かったー!ここなら沐浴してもいいかも!


ここで1週間のんびりすごしますー

…しかし… ここで友人がインドの洗礼に…
 「…お腹いたいからホテルで休んでるわ」
なにー!しかしホテルにいても暇なのでおでかけ。 日本食のお店でお粥でも作ってもらおうと迷子になっていると 「Hallo,what do you do?」モハンとゆーインド人が話しかけてきた。
…日本食のお店は定休日だった/(^o^)\
そして「Come on!come on!」 …そこは旅行会社だった/(^o^)\
わたしは無防備にも旅行会社の前で地図を広げて迷子をしてたのでした

旅について話始める彼…ヒマラヤ山脈に行ったのが楽しくてまた行きたい、とかインドのいろんな観光地の写真を見せてくれた、だけ。そう、ただそれだけでした、なんかツアーを組まされるんじゃないかと疑ってしまった。ごめんなさい。

彼は
「僕は1日中デスクに座ってるから、毎日頭痛がつらいんだよねーこの扇風機のせいでねー(デスクの上に扇風機が付いてる)」と言って薬を飲んでいた、ばかである。

その後も「オレ、良いこと思い付いたぜ(゜∀゜)」とか言って翻訳サイト使って会話したり(結局うまく翻訳されなくて諦めたけど) してたら夕方になったから帰ることにした。
 
「今日は神様の誕生日のお祭りがあるから一緒に行こー!20:00にここで待ってるからー!」
モハンと祭りに行く約束をした!ちょー不安!

帰ったら友人が死んでた、もう寝るしかないって感じ…ゲリ怖すぎ!
とりあえず元気付けてわたしは祭りに行った。

モハンのバイクで町まで、 産まれてから教習所の原チャしか乗ったことないーインドで初バイクの後ろに乗るとは、スリルが満点!
町はすっごい人だった!お寺にクリスマスみたいな電飾がしてあるー



その後、モハンの友人の家に行くことになった。
愛想のいい美人のおばさん(モハン友人の母と思われる)が迎えてくれた
そして談話していると、筒と葉っぱが出てきた…日本人には一部の人しか馴染みがないものだった。
なんだかタバコを吸い始めた中学生の気分になった。

言葉が通じない割にいろいろ話して楽しい夜だった!
ホテルに戻ると門限に遅れて締め出されていた…
まじかよ!
すぐに門限破った仲間が数人来て中に入れた、やっぱ仲間って大事だと思いました。


| 旅行 | 17:30 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 17:30 | - | -
コメント
コメントする









PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
SPONSORED LINKS